最初のチュートリアル

Last updated 23 days ago

ここではcluster SDKを利用開始するための設定手順を説明します。

準備するもの

SDKを利用するためにはclusterアカウントが必要になります。 アカウントを持っていない場合は新規登録して下さい

設定をはじめる前に以下のものをダウンロードします。

  • Unity

    • 対応しているバージョン:2017,2018(推奨バージョンは 2018.1.1f1)

Mac版のUnity 2017.3では、アバターのアップロードの際に失敗することがあるので利用は推奨されません。

SDKの設定手順

Step 1. Unityのインストール

UnityがSDKの対応しているバージョン(2017/2018)であることを確認して下さい。

Step 2. Scripting Runtime Versionの変更

Unityを起動してSDKをインポートしたい新規・既存のプロジェクトを開き、Scripting Runtime Version の設定を.NET 4.x Equivalentに変更してください。

設定項目は、メニューからFile > Build Settings...を選択、さらにPlayer Settingsを開き、Other Settingsを展開した一覧の中にあります。

設定変更後にRestartするよう促されるので、Restartして同じプロジェクトを開き直します。

Step 3. SDKのインポート

ダウンロードしてきたパッケージ(ClusterVRSDK.unitypackage)をプロジェクトにドラッグ&ドロップするなどしてインポートします。UnityがSDKのインポートを完了したら、Consoleを確認してエラーがないことを確認します。

古いバージョンのSDKをインストール済の場合は、ClusterVRSDKVRMディレクトリを削除してからインポートを開始して下さい。

Step 4. ログイン

メニューのcluster SDK > Avatar Uploadを選択しclusterを開きます。

Get API access tokenをクリックするとAPIアクセストークンのページがブラウザで表示されます(ログインしていない場合はログインして下さい)。

ページが表示されたらトークン作成ボタンをクリックします。生成されたトークンをコピーし、Unityエディタに戻ってcluster SDKのタブにあるAPI Access tokenのフィールドにコピーしたトークンをペーストします。

ペースト後にログインが正常に完了すれば、Logged in as "ユーザーネーム"と表示されます。

ログインした状態