最初のチュートリアル

ここでは cluster SDK を利用開始するための設定手順を説明します。

準備するもの

SDK を利用するためには cluster アカウントが必要になります。 アカウントを持っていない場合は新規登録して下さい

設定をはじめる前に以下のものをダウンロードします。

SDK の設定手順

Step 1. Unity のインストール

Unity が SDK の対応しているバージョン(2019.1.9)であることを確認して下さい。

Step 2. SDK のインポート

ダウンロードしてきたパッケージ(ClusterVRSDK.unitypackage)をプロジェクトにドラッグ&ドロップするなどしてインポートします。Unity が SDK のインポートを完了したら、Consoleを確認してエラーがないことを確認します。

古いバージョンの SDK をインストール済の場合は、ClusterVRSDKVRMディレクトリを削除してからインポートを開始して下さい。

Step 3. ログイン

メニューのcluster SDK > Avatar Uploadを選択しclusterを開きます。

Get API access tokenをクリックするとAPIアクセストークンのページがブラウザで表示されます(ログインしていない場合はログインして下さい)。

ページが表示されたらトークン作成ボタンをクリックします。生成されたトークンをコピーし、Unity エディタに戻ってcluster SDKのタブにあるAPI Access tokenのフィールドにコピーしたトークンをペーストします。

ペースト後にログインが正常に完了すれば、Logged in as "ユーザーネーム"と表示されます。

ログインした状態