簡単なチュートリアル

Last updated 3 months ago

ここではcluster SDKを使用して、あなたのアバターを変更する方法を説明します。 (あらかじめSDKの設定を完了させておいてください)

手順

アバターをclusterで利用するための流れは以下のようになっています。

  1. モデルデータのインポート

  2. アバターの設定

  3. アバターのビルド

  4. アバターのアップロード

Step 1. モデルデータのインポート

Unityが対応しているモデルデータを用意し、プロジェクトにインポートして下さい。インポートするデータはアバターの制限に沿っている必要があります。

Step 2. アバターの設定

新規か既存のシーンを開いてインポートしたデータをシーンに配置して下さい。

VRMファイルを利用する場合は、インポート時に生成されたプレハブを配置して下さい。

メニューからcluster SDK > Avatar Uploadを選択しclusterを開きます。Avatarのフィールドにシーンへ配置したデータのGame Objectを選択します。

アバターにはAvatar Name(名前)とThumbnail camera(サムネイル)を設定します。サムネイルはThumbnail cameraで選択したカメラの設定を任意に調整し、あなたの望む構図で撮影することができます。

Step 3. アバターのビルド

アバターに問題が無ければ“You can build an avatar”と表示されてBuildボタンが有効になります。正常にビルドを終えたら完了のメッセージが表示されます。Previewボタンをクリックするとアバターの挙動を操作して確認することが可能です。

アバターのビルドに成功した状態

アバターに問題がある場合はアバターの制限に沿っていない可能性があります。System Messagesの内容に沿って問題を解決して下さい。

アバターのビルドに問題がある状態

Step 4. アバターのアップロード

ビルドを完了させるとUploadの項目が表示され、アップロードできるようになります。

Show policyから確認できる利用規約に目を通し、同意できる場合のみAccept policyにチェックを入れて下さい。Uploadボタンが有効になるので、クリックしてアップロードを開始します。正常にアップロードを終えたら完了のメッセージが表示されます。

アバターを確認

アバターのページで設定されているアバターを確認することができます。

アバターのモデルデータをプレビューするためにはclusterを起動してログインすると確認できます。ルームの中でアバターを見るをクリックするとアバターの挙動を操作して確認することが可能です。

アバターを更新

同様のフローでアバターを更新することができます。新たにアバターをアップロードすると古いアバターは削除されます。