🏃‍♂️ Creator Kitのセットアップ
🧭 ワールドコンポーネント
⚾アイテムコンポーネント

ワールドのアップロード

ワールドをアップロードする手順を説明します。

アップロード手順

Unityエディタを用いて作成したワールドのアップロード手順を説明します。

Step 1. アップロードしたいワールド(Scene)を開く

複数のSceneを同時にエディター上で開いている場合は、アクティブなSceneのみがワールドとしてアップロードされます。

Step 2. ワールドアップロードウィンドウを開く

メニューから「Cluster > ワールドアップロード」を選択してください。

Step 3. clusterへログイン

ワールドをアップロードするにはclusterのアカウントが必要です。アカウントを持っていない場合は「新規登録」を行なって下さい。

「ワールドアップロード」ウィンドウ内の「Webでトークンを発行」ボタンをクリックするか直接APIアクセストークンのページを開きます。「トークン作成」を選択して、生成されたトークンをコピーします。

「ワールドアップロード」ウィンドウに戻り、入力欄にトークンをペーストします。「このトークンを使用」を選択するとログインは完了です。

ログインしているあなたのユーザーIDが表示されます。

Step 4. 新規会場を追加

ログイン済みの「ワールドアップロード」ウィンドウから「ワールド > 新規作成」を選択します。まだ何もアップロードされていない、新しいワールドが追加されます。

作成したワールドは、「ワールド名」「ワールドの説明」「画像」を編集することが出来ます。ここで設定したものがワールド一覧やワールドページに表示されます。

Step 5. ワールド(Scene)をアップロード

「'ワールド名'としてアップロードする」を選択すると、確認のダイアログが表示されるので「アップロード」を選択します。

アップロードの処理は3段階に別れており、1.ワールドのバリデーション、2.各プラットフォームへのスイッチとビルド、3.成果物のアップロードを行います。処理時間は、プロジェクトに含まれているアセットと、ワールドによって変化します。

「ワールドアップロード」ウィンドウ内の処理項目それぞれに「Success」と表示されればワールドのアップロードは完了です。

既知の問題: マウスカーソルを動かしていないと処理が完了しない場合があります。アップロード処理が途中で停止しているように見える場合は、一度マウスカーソルを動かしてみて下さい。

以上でワールドのアップロードは完了です。

アップロードしたワールドは公開前状態で、自分だけが入場できるワールドになっています。ワールドを公開する手順は以下の記事をご覧ください。