🏃‍♂️ Creator Kitのセットアップ
🧭 ワールドコンポーネント
⚾アイテムコンポーネント

Webからトリガーを実行する

webのトリガー制御画面から、イベント会場のトリガーが実行できます。

Webからトリガーを実行する

webのトリガー制御画面から、イベント会場にトリガーを実行する (ギミックを動かすためのメッセージを送る) ことができます。

使い方

1. トリガー制御画面を開く

イベントページからトリガー制御画面を開きます。

トリガー制御画面はイベントのスタッフだけ開くことができます。

2. Webトリガーの設定ファイル(JSON)を用意する

トリガーを実行するためのJSONファイルを用意します。

各要素の説明はこちらを参照してください。

3. JSONファイルを読み込む

ファイルを読み込むと、トリガーボタンが出現します。

4. トリガーを実行する

トリガーボタンをクリックすると、確認ダイアログが出現します。

設定でshowConfirmDialogをfalseにしていると、ダイアログが出現せずそのままトリガーが実行されます。

「トリガーを実行する」を押すとイベント会場にメッセージが送られます。会場にあるギミックのうち、TargetGlobalKeyが設定ファイルに指定したkeyと一致するギミックが動作します。 categoryごとの、最新の実行済みトリガーボタンにチェックマークが付きます。

Webトリガーの設定ファイルについて

JSONフォーマットです。

各要素の説明

field

type

必須

概要

triggers

Array

true

トリガーの配列です。トリガーボタンと対応します。

triggers/category

string

false

実行後のチェックマークがカテゴリー毎に付くようになります。

省略した場合は""_" が入ります。

triggers/showConfirmDialog

boolean

true

トリガーボタンを押した際に確認ダイアログを表示するかどうかの設定です。 falseの場合は確認なくトリガーが実行されます。

triggers/displayName

string

true

トリガーボタンに表示する名前を指定します。

triggers/color

[number, number, number]

false

トリガーボタンの色を0~1の範囲でRGB指定します。

省略した場合は[1, 1, 1]が入ります。

triggers/state

Array

true

会場に送られるメッセージの設定の配列です。

triggers/state/key

string

true

メッセージの識別名を指定します。

Webトリガーから通知する対象はGlobalのみとなります。

triggers/state/type

string ("signal", "bool", "integer", "float" のいずれか)

true

メッセージの型(値の種類)を指定します。

triggers/state/value

any (typeに依存)

typeが"bool"か"integer"か"float"

メッセージの値を指定します。

typeが"bool"の場合、trueまたはfalseを指定します。

typeが"integer"の場合、整数値を指定します。

typeが"float"の場合、数値を指定します。

typeが"signal"の場合、この項目は設定しません。

sample.json

{
"triggers": [
{
"category": "SetGameObjectActive",
"showConfirmDialog": false,
"displayName" : "SetGameObjectActiveGimmick: true",
"state": [
{
"key": "gameobject.active",
"type": "bool",
"value": true
}
],
"color": [0.0, 1.0, 0.0]
},
{
"category": "SetGameObjectActive",
"showConfirmDialog": false,
"displayName" : "SetGameObjectActiveGimmick: false",
"state": [
{
"key": "gameobject.active",
"type": "bool",
"value": false
}
],
"color": [0.0, 1.0, 0.5]
},
{
"showConfirmDialog": true,
"displayName" : "SetActive: true & Animator: 1 & PlayAudio",
"state": [
{
"key": "gameobject.active",
"type": "bool",
"value": true
},
{
"key": "animator.int",
"type": "integer",
"value": 1
},
{
"key": "audiosource.play",
"type": "signal"
}
],
"color": [0.0, 1.0, 1.0]
}
]
}

プレビューでもWebTriggerを使うことができます